satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

AD/HD摂理人は、一人だけでは生きられない。

AD/HD摂理人は、一人だけでは生きられない。

私の脳は、生まれてこの方「人のために生きる、天を愛して生きる」ことが好きなようです。

こんばんは、satoです。

私は軽度のAD/HDの傾向にあります。
(今日もこれを書こうとパソコンを開いてから、約20分位他のことをしていました…こういう計画性の無さもAD/HDの特徴の一つ_| ̄|○ il||li)
これは私が摂理に来て3年位経って、ある問題にぶつかり悩んでいた時期に知ったことの一つです。その経緯は長くなるので、別の機会にお話しします。
今日はそんなAD/HDの傾向にある私が感動したある言葉について話をしたいと思います。

AD/HDと知って、調べているうちに出会ったマンガ

私が摂理に来て3年目、ある人から発達障害ではないか?という話を聞いた私。
本ではなく、マンガで書かれている専門書をオススメしますと言われた私は、何冊か本を買ったり、ネットで色々調べてみました。「AD/HD 漫画」と検索すると色々詳しく書かれているものがありましたよ。今回はその一つをご紹介します。

AD/HDとは?そんな素朴な疑問にお答えしてみる解説漫画-フロンティアAD/HD

こちらはAD/HDの当事者であるあーささんが支援活動の傍ら書いた漫画です!ギャグマンガ調に書かれているので、とても楽しく読めました(人´∀`).☆.。.:*・゚
AD/HDの本でマンガ、となると大半が子供向けであることが多いのですが、この漫画はどちらかと言えば大人に向けて書かれている、という印象を受けます。AD/HDがどうして起こるのか、そしてどのような傾向が起こり、どのように対処していくのかがよく理解できました。多分、ここで知った情報が現在の自分の生活のベースメントとなっているところが大きいです。本当に感謝します。

というわけで、こちらの漫画、AD/HDの傾向にある人はもちろん、そうでない人にもオススメしたいものです。
それは「自分の周りにいるAD/HDの人」を理解することでお互い摩擦が減らせるからです。

AD/HDの最強のサプリは、愛

さて、この漫画の中に私が感動した言葉があります。それが上の言葉です。これはAD/HDだと知って以降、摂理で過ごしてきて一層実感する言葉です。

私は、自分のためになること、自分が得することのためにはそこまでモチベーションが高くなりません。
自分を磨くとか、将来自分が良くなること…より「自分が今どう生きるか」を考えるほうが強くなってしまいます。なので、大変なことがあるとすぐにやる気を無くしてしまったり、やることを躊躇ってしまいます。

しかし、そんな私が唯一「やる気を起こせること」があります。それは

人が喜ぶ、人の助けになれる

という時です。自分のため、と思うと前頭葉が働かない私でも、「人のため」と思うと前頭葉が働く、ということがあります。
(これは私だけかもしれませんが、前頭葉の働き具合が「繋がっている」感覚で伝わるのです。繋がっているほど体が動きます)
例えば、料理も自分で作るだけでなく「人も食べられるように多く作る」とか、ブログも「これを読んで人の助けになるなら!」という時が一番スイスイ動きます。(もう一つ「自分が理解したことを伝える」という時もスイスイ動きますが、これは自分が「理解したことをパソコンでアウトプットする」のが好きだからだと思います。)

幸い、摂理は「愛の世界」です。
摂理では神様を愛する天の愛とお互いが助け合う「兄弟愛」を中心として皆が一つになって生きようとしています。だから、私は今まで生きられるのです。

私は、一人では生きられません。

それは「できることと苦手なことがはっきりしていて、人の助けがないと生きられない」ということもありますが、それと同時に人を助ける時、天を愛する時に一番能力を発揮できる脳の傾向である私が「自分だけのために」生きることはできないという意味でもあります。きっと、自分だけのために生きていたなら…パソコンでネットサーフィンをしながらバイトをして生きられるくらいの生活をしていたでしょうね…。大学生になって一年の生活を振り返ると、本当にそう思います。

神様に感謝します。
私が生まれ持ってから「人のために、自分以外の誰かのために」生きる方が好きな様に創造してくださったことに。
その特性に気づけたことに。
そして何より、「神様との愛」と「兄弟愛」を中心とする摂理に導いてくださったことに。

本当に感謝します。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

私と発達障害カテゴリの最新記事