satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

全ての色を失った世界で見つけたたった一つのこと

全ての色を失った世界で見つけたたった一つのこと

ある時、私の生きている世界は、色を失った。

最初はちょっとしたことだった。
今までやりがいを感じていた仕事がちょっとだけ辛くなったり。
熱情を持っていた祈りができなくなったり。
絶対欠かせないと感じていた明け方の礼拝に、少しずつ来れなかったり。

それから、段々と私の中の世界は色を失っていった。

美味しいと感じていたご飯を食べても、何も感じなくなり。
人に心を開くことができなくなり。
自分の内面を見られることが恥ずかしくなり。

そして、心の中から生きる力が失われていった。

ご飯を食べないままずっとスマホをいじる時間が段々と増え。
何をやっても喜びを感じられなくなり。
もう何もかも、どうでもよくなり始めた。

全ての色を失った、この世界で生きる。

それは、彩られた世界を知る私にはあまりに辛いことだった。

だから、私はもっと心を閉ざした。
閉ざして、閉ざして、ひたすら心の辛さを感じられなくなる、その時まで。

もうあの世界には戻れないから。
戻れないなら、いっそ。

理想の世界から遠く離れた、暗い世界を、私は見ていた。

ある時、夢を見た。

目が覚めたとき、私は気づいた。

「私は、取り返しの付かないことをしたのだ」

それから、私は決心した。

もう一度、立ち上がろうと。

今度こそは、完全に変わろうと。

私は、弱い。どんなに頑張っても、弱いのだ。
だから、欲しかった。倒れない土台が。

だから、私は探した。

彩られた世界にいた時からずっと感じていた違和感。
分かっている”フリ”をして、やり過ごしていた様々なこと。
その違和感の先にある、たった一つの宝物を。

「自分に自信がない、けれど私を見ている神様を信じて」

「全てを捧げた人の生」

「言葉の意味より、神様の価値観を知ろう」

こことは違う世界(ものがたり)で見てきた、その先にあるヒント。
それをも使って、私は色のない世界で探し歩き始めた。

好きだったものも全て置いて。
寂しさを埋めるために手放さなかった世界も捨てて。
肉の欲も捨てて。
私は私の中にあるものを捨てて、真っ白になった。

声を頼りに。
御言葉を頼りに。
感動を頼りに。
経緯を頼りに。
啓示を頼りに。

歩いて、
話して、
尋ねて、
考えて、
探した。

そして、ある時、見つけた。

全ての色を失ったこの世界で見つけた、ただ一つの大事なこと。

それは

「私は、神様に愛されている」

ということ。

健やかなる時も、病める時も。

貧しい時も、豊かな時も。

愛する時も、罪の中にいる時も。

神様は私を、愛しているのだ。

全ての色の始まりを、私は見つけた。

自己否定。
私は自分自身を否定していた。
自分の能力、才能は理解していた。
苦手な自分のことも把握していた。
だけど、「神様に愛されている」自分は、否定していた。

恐れていたのだ。
どうしてお前が愛されているのか、と否定されることが。
愛されている、と考えているのはお前だけだ、と否定されるのが。
愚かなことをしたお前を愛するなんておかしい、と否定されるのが。

それが、私の心の闇だった。
だけど、私が「愛されている」と強く認める時。
失われた色が取り戻されていくのを感じ始めたのだ。

今も、私は復活の途上にある。
だけど、これだけは確信している。
「私は、神様に愛されているのだ」ということを。
そして、これだけは決心している。
「私は、神様を愛し続けるのだ」ということを。

物語カテゴリの最新記事