パニックモンスターを手なずける。


おはようございます、satoです。

昨日に引き続き、私の中にいる「パニックモンスター」…誤解と早とちりによるパニックをどのようにして克服していくのかについて書きたいと思います。

私がもっともパニックに陥るのは「自分が間違ったことをしてしまったと感じたとき」です。自分が危険なことになったとしても「私が原因でない」なら、それより「私がしたことで相手に迷惑をかける」方が遥かにショックが強いためです。
それで、相手の意図と自分の意図が違っているときに「自分はこう思ったのだけど、相手はそれが嫌だった…」という考えに陥りパニックになるのです。

この対策として一番良いのが「相手に尋ねる」ことなのですが…。どうも、私は次のことが要因で相手に尋ねるという動作ができていないようです。
まず、「そもそも自分の認識がずれていると認識できない」ということ。
相手が「1/1からやる」と話したらそこに焦点が行き、他の曖昧な情報が入っていないために起こることです。こうなった場合、残念ながら私が確認するという動作を取れる可能性は低いだろうと思います…。そもそも考えにすら上がっていないので。
ということは、私が相手に確認できるチャンスは「相手と話しているとき」になります。誤情報が入る前に確認するのです。

そして、私は「スマホなどで対話するのがとても苦手」ということも分かってきました。
相手と会って話すと自分がスッキリ話せるのです。それは思い付いたときにすぐに話せるし、そのときそのときの情緒のやり取りができるからより深く話せるのです。
しかし、スマホを介しての情報だと、そもそも口で話すほどには「言葉が作れない」のでどうしてもラグが生じてしまいます。また、文章にした場合どうしても「しっかり書かなければならない」というか「しっかり書く」癖がついてしまっているので、キーボードとかがないと本当に時間がかかってしまいます。この辺りがどうしても気になってスマホを使った連絡がうまくできません。

で、実際に会って話そうとしたら「相手の動向」を見てしまい、相手が忙しそうとか人と話しているときには「今日はやめておこう」となって後回しにしてしまう…ということが多々ありました。
その他、相手が何を考えているのかわからず、特に「相手に苦手意識がある」と一層対話のハードルが上がりました。

以上のことをまとめると、「相手に会って話しているそのときが確認のチャンスだ」ということになります。

それでは、どのようにして確認をしていけばいいのでしょうか…。
そもそも、私は「外からのインプットを処理するスピードが遅い」です。言い換えると「理解するのはとても遅い」です。
よく自分と話していて「面倒くさい細かいね」と言われるのですが、私にしてみると「そもそも何の話か、まだ頭の中に入っていない」ことが多いのです。何せ、私の脳内の認識構造は「視覚優位」なため「声も視覚化して初めて認識できる」のです。この処理のギャップが大きいようです。
あ、ただ「感じる」のは例外です。言葉の感じははっきりと、むしろ鋭敏に感じます。こっちも錯誤多いですが…。

話を戻して。
理解が遅いのならそれを聞けばいいのですが、実は親や友達によく分からないことを何度も聞いたらとても嫌な顔をされてしまった経験が多かったのと、返事しないと無視されたと思っていじめられるのが怖かったため「理解できなくてもとりあえず返事する」癖がついてしまっていました。
それが、確認を阻害している様子です。というか、今もたまにあります…聞き返したら嫌な顔とまではいきませんが、うーん…となる感じが。

そういうことなら、自分は理解が遅いので、時間がほしいといってみるのはありかもしれません。相手が理解をしてくれたら双方にとっていいですし、理解が遅いということを認識してくれるだけで楽になれるので…。
ひとまず、ブログで告白して、様子を見てみることにします。

それにしても、私が長年苦しんでいた「脳内処理の遅さ」が特性由来だと分かったのは最近でしたが、このことを摂理に来てからも放置していました。
しかし、それでトラブルが多かったのは、失敗でした…。
今年はこの脳内処理の遅さをちゃんと出しつつ、向き合いながら対策していこうと思います。

この記事を書いたブロガー

sato
生まれも育ちも北海道という生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す学生です(・∀・)もう人生の1/4は生きたかな…
趣味は御言葉で物語を書くことと、祈ること。そして、数学(笑)
散策して、美味しいご飯やさんへ行くのも大好き(≧∇≦)/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

グルメ

  1. どがんしとんね☆長崎Yoです^^ 先日、長崎は北の方面、佐世保に行って参りました~☆ 久…
  2. 汁なし担々麺とご飯
    道産小麦を使ったラーメン、美味しいです(๑´ڡ`๑) こんばんは、satoです。 久々の…
  3. こんばんは、satoです。 北海道に住んでいて、一番恵みを受けるのは食。そんな北海道の食をご紹…

摂理について

  1. よく、「宗教」という言葉と紐付いて出てくる言葉に「カルト」という言葉があります。 カルト… …
  2. 何回かに分けて、摂理を紹介していきたいと思います! さて、皆さんは摂理にどんなイメージがありま…
  3. 今日は鄭明析先生について突っ込んで書いてみたいと思います 僕は先生が大好きです。しかし、先生は…

スポーツ

  1. 今日はサッカー編ということで、サッカーに絞って考えてみたいと思います! 最初に質問です(^^)…
  2. 昨日の就活イベントの後に慶応大学野球部の1年生の子に会ってきました。 この子は我が高校の後輩。…
  3. システムエンジニアの職業病ともいえる『腰痛』。 これは苦痛です。これが出てくると仕事を早退しな…

Authors

koya
koya (307)

理系現役大学生です。
田舎から上京して摂理に会いました。
野球を中心に様々なスポーツが大好きです。
健康管理には少しうるさめですw

miya
miya (183)

高知の田舎から京都に就職!人生について考えている時、会社の同僚を通して摂理を知りました。先生から御言葉を学び、一歩ずつ成長し、今は起業するようになりました。何事も御言葉通りやればできる!の精神で頑張っています。
世のため、人のため、神様のために使われる人生!もっと自分を磨いていきます!

prov人生
prov人生 (70)

おおさかで摂理に出会い。
結婚の祝福を受けて、信仰生活をしている30代の男性ですす。
鄭明析牧師が伝えてくださった御言葉をとおして、私が感じたことを紹介しています。

sato
sato (1226)

生まれも育ちも北海道という生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す学生です(・∀・)もう人生の1/4は生きたかな…
趣味は御言葉で物語を書くことと、祈ること。そして、数学(笑)
散策して、美味しいご飯やさんへ行くのも大好き(≧∇≦)/

moji
moji (4)

元気な男児3人を育てるパパです。

SHO
SHO (48)

福岡(大学生)→岡山(社会人)
と摂理を走ってきた20代男子です!
最近はまっていることは、出来事を振り返ること。
ブログでアウトプット出来たらと思ってます(•̀ω•́ )

うっちー
うっちー (9)

フレッシュ社会人の時代に、当時ISDN回線が最先端だったインターネットを通じて摂理に出会い、導かれるまま、今は千年の都、京都に住みながら、日本全国を飛び回る出張族。出張先で福音のために祈ります。

ページ上部へ戻る