御心を探して。私は何をしたいのか?~研究者の進路に悩む人へ~


おはようございます、satoです。

先日書きましたとおり、実は私、今関東に滞在しております。
その目的は一言で言うと、今後の進路のことです。

昨今、研究者として走るのはとても大変な時代になっています。
少子高齢化が進み、大学に行く子どもたちもどんどん減っていきます。
それに伴って、研究者としての一番大きなポストである「大学教授」の枠が狭くなってきています。
すでに経費削減のために北海道大学などで退任した教授のポストを埋めないなどの人件費抑制が起きています。

それだけでなく、「文系学科廃止」騒動もありました。(あれは単なる誤報だったようですが)
この背景には、単なる少子高齢化の問題だけでなく、「研究、特に基礎研究の重要性が社会に認知されていない」という問題があります。
実際、私の周りでも「それがどういう風に社会に役に立つのか?」と聞かれることがあります。確かに数学は一見すると「世の中とは遠い」世界ですからね…。

まとめると、研究をするだけで生きていくことがとても難しい時代になってきたということです。

これまで数学の研究者を目指して大学院生を走ってきた私。
色々な苦労がありながら、お祈りしたり、神様と交通することで数学研究をやってきていました。
そのおかげで、自分は「数学研究者になる」という目標を立て、それを必ず成し遂げよう!と決心するにまで至りました。
しかし、このような状況を見ながら、果たして自分はどのように研究者として生きていくのかを考える必要性を感じたのです。
私も正直もういい年なので…より具体的に将来を考えなければなりません。

数学の研究者と言っても、ひとえに大学で純粋数学をするだけではありません。

最先端の研究に常に身を置き、新しい結果を出す研究者。

企業に身を置き、現実の問題を解決するために数学を使う研究者。

最先端の数学の楽しさを伝え、社会と数学を橋渡しする研究者。

研究や授業を通して教育し、将来の人材を育成する研究者。

あるいは、働くことで経済を成り立たせ、趣味で数学をする研究者。

色々な働き方があるのです。

まず、4月からどのように働くのか、そのひとつの候補として感動があったところに行ってみたのです。

鄭明析先生が御言葉でこのように話されました。

初めて行って見る「天然の洞窟」がありますが、<入っていく実践>をしなければ、その形と形象が分かりません。
気になって知りたければ、入ってみればいいです。そうすれば「洞窟の形と形象」がどのようなものなのか分かるようになります。そうすることで「答え」が分かるようになります。
このように、実践すれば分かるようになります。-鄭明析先生の水曜礼拝の御言葉「実践しながら「主の道」を備えなさい」より

だから、今回実際に行って見れるように神様がしてくださいました。
いろいろな人を通して、どのようにするのが神様の願いなのか、そしてそのためにどんな道があるのかを指し示してくださいました。

そこでは最後は自分がどのようにしたいのか?にかかっている、ということを言われました。

私が数学研究を通してやりたいこと、それは実はすでに決まっています。
しかし、それを実現するためにどのような方法が有効なのか?
そして、自分の特性と個性をうまく活かせるのか?また、磨くべきところは何か?また、他のことと合わせてどうしたいのか?
ということまでは考えられていなかったということに気付かされました。

今の数学者、あるいは全ての研究者を目指す人にとって、色々なことを考えることが必要な時代になってきました。
一部の突出した才能を持った人を除くと、研究をし続けるにはさらに別のことを作る必要性が感じられるのです。
そういう意味で、この時代に研究者になるということはとても大きいことだと感じます。
もしかすると新しい研究のスタイル、価値を作り出すこともできる可能性があるということなのですから。

こういうとき、神様は私に御言葉をくださいます。
一番大切なことは何で、どのようにすればいいのか、それを御言葉で教えてくださるのです。

果たして御心(神様のご計画)はどうなっているのか?
数学研究以外の面で私は何をしたいのか?どこまでしたいのか?
そのことも答えを受けられました。

こういうときに、私は摂理で御言葉を聞いていて良かった、と思います。
数学という研究はできたとしても、「価値や目的を追求する」ということはできなかったと思います。
新しい価値を見出させてくださる神様に感謝します。

この記事を書いたブロガー

sato
生まれも育ちも北海道という生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す学生です(・∀・)もう人生の1/4は生きたかな…
趣味は御言葉で物語を書くことと、祈ること。そして、数学(笑)
散策して、美味しいご飯やさんへ行くのも大好き(≧∇≦)/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

グルメ

  1. 汁なし担々麺とご飯
    道産小麦を使ったラーメン、美味しいです(๑´ڡ`๑) こんばんは、satoです。 久々の…
  2. どがんしとんね☆長崎Yoです^^ 先日、長崎は北の方面、佐世保に行って参りました~☆ 久…
  3. 自分こう見えて、食べるの好きです笑 ということで、グルメのカテゴリを作ってみました笑 (ちな…

摂理について

  1. 家庭局ママYulanです! チョン・ミョンソク先生は、今週の水曜日には、 「糸一本ほどで…
  2. 私が摂理に身を置くようになって9年、2017年には丸10年になります。 年齢はまだ30代後半入…
  3. よく、「宗教」という言葉と紐付いて出てくる言葉に「カルト」という言葉があります。 カルト… …

スポーツ

  1. 誰でも自分自身の嫌いな性格ってあると思います。 嫌いとは言わなくても、直したい性格、もしくは習…
  2. 指導者=実践者 世の中にはいろんな指導者がいます。教育の世界も、政治の世界にも、ス…
  3. 今日はサッカー編ということで、サッカーに絞って考えてみたいと思います! 最初に質問です(^^)…

Authors

koya
koya (307)

理系現役大学生です。
田舎から上京して摂理に会いました。
野球を中心に様々なスポーツが大好きです。
健康管理には少しうるさめですw

miya
miya (183)

高知の田舎から京都に就職!人生について考えている時、会社の同僚を通して摂理を知りました。先生から御言葉を学び、一歩ずつ成長し、今は起業するようになりました。何事も御言葉通りやればできる!の精神で頑張っています。
世のため、人のため、神様のために使われる人生!もっと自分を磨いていきます!

prov人生
prov人生 (70)

おおさかで摂理に出会い。
結婚の祝福を受けて、信仰生活をしている30代の男性ですす。
鄭明析牧師が伝えてくださった御言葉をとおして、私が感じたことを紹介しています。

sato
sato (1226)

生まれも育ちも北海道という生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す学生です(・∀・)もう人生の1/4は生きたかな…
趣味は御言葉で物語を書くことと、祈ること。そして、数学(笑)
散策して、美味しいご飯やさんへ行くのも大好き(≧∇≦)/

moji
moji (4)

元気な男児3人を育てるパパです。

SHO
SHO (48)

福岡(大学生)→岡山(社会人)
と摂理を走ってきた20代男子です!
最近はまっていることは、出来事を振り返ること。
ブログでアウトプット出来たらと思ってます(•̀ω•́ )

うっちー
うっちー (9)

フレッシュ社会人の時代に、当時ISDN回線が最先端だったインターネットを通じて摂理に出会い、導かれるまま、今は千年の都、京都に住みながら、日本全国を飛び回る出張族。出張先で福音のために祈ります。

ページ上部へ戻る