satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

教会で交換日記を書いた思い出の話

教会で交換日記を書いた思い出の話

おはようございます、satoです。

今日はこちらの記事を読んでて思ったことを書きたいと思います。

マンガ「もしよつばが、こうかん日記をやってたら!?」@摂理のこども キリスト教福音宣教会~すくすくの雲~

これとはちょっと違いますが、このブログの「反射的にすみませんと言う時に思うこと」のコメントにて「私は交換日記をしていた」とありました。
Lackくんはブログをやっていた、と言っていますが、やはりジェネレーションギャップを感じます。
私が中学生の時、まだネットといえば「ゲームの裏技を検索する」くらいのことしか興味ありませんでしたので…(笑)

ところで、私も一度だけ交換日記をしたことがあります。
それは小中学生の時…ではなく、なんと摂理の教会にいる人達でしたのでした!
確か、私が大学院生になったくらいのときで、当時はそれなりに大学生が教会にいた時期でした。
その時の大学生をまとめていた指導者が「交換日記をしよう!」と言ったことがきっかけで、しばらく続けていました。
その時その時で、各自が思っていたことを互いに知るため…だったかなと思います。
文章だけでなく、絵を描いていたり、話が結構マニアックだったり、と個性が出ていましたね…。

私はこの時、何を血迷ったのか当時の脳内物語に出てくるキャラクターを描いていました(笑)
おそらく、私の構成している世界を描きたかったのだと思います…(笑)
当時の脳内物語は「私が見た漫画のキャラクターたちが一同に介して、信仰生活をしていく」というやや意味不明な内容でした。
私が集めたキャラクターは、大体が物語の途中で死んだり、何かしらの悲劇に遭っている場合が多かったです。あとは、能力がとても強いのがほとんど
そういったキャラが少しでも悲劇を回避できないか、その悲しい結末が少しでも報われないか、ということを考えていたのが反映されたのだと思います。

ややこしいことに、各キャラの好きな賛美とか数字とかを設定していて、31日あったので、その数字に合わせてキャラを一人ずつ紹介していましたね…(笑)
しっかりと絵も描いて…。

今もその日記は私が持っているのですが、見ていて恥ずかしいです…。
何故か知りませんが…私の中では「黒歴史」扱いになっているのでしょうか…。

しかし、この「悲劇に遭ったキャラが救われてほしい」という願いが「救いの物語」を生み、それがきっかけで摂理の御言葉を聞いて今も物語を書いているのだと考えると、やはり神様の導きに感謝するしかない、と感じます。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事