satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

私が今日生きられることへの感謝。

私が今日生きられることへの感謝。

こんばんは、satoです。

私が今生きられることに感謝です。
今日も生きられること、無事に何事もなく一日を終えられたことに感謝です。
また明日があることに感謝です。

私がこのときに生まれることができたこと。
数学を勉強し、様々なことを学べること。

私が私であれること。
私というアイデンティティを持てるようになってきたこと。

現実で生きていることを実感できること。
周りの言葉に耳を傾け、理解できるようになること。

何一つ不自由なく生きられること。
もっと完全になろうともがけること。

悔い改めができること。
祈りができること。
御言葉が聞けること。

神様を知って、愛せること。

肉の愛だけでない、本当の愛を知ったこと。

私がここまで生きられたのは、すべての人の支え、関わり合いがあったからだ、と常々思います。本当に感謝します。
今日は同居人がご飯を作ってくれました。本当においしいご飯でした。
こういうことができるのも、すべては平和だから。

この事実を考えるとき、私は感動します。
私という存在が「あたりまえでない」こと。私という存在が、今この時がどれほど「奇跡的」なのか。
その事実を感じて、涙が出そうになります。

不平や疲れが出るときもあります。
私の完全でない行いを見るとため息が出ることもあります。
だけど、それでもまた前を向いて生きられるから。本当に感謝します。

昔は感謝ができない人でした。
でも、今はたくさん感謝すべきことがあるんだ、ということがわかりました。
言葉だけでなく、これまでしてくださったものをお返しできるように頑張ります。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事