satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人の証:神様に助けられたお話…。

摂理人の証:神様に助けられたお話…。

こんばんは、satoです。

今日は以前から「助けてもらったらブログで証します!」と神様に約束していたことについて書きたいと思います。神様は、こんなことも助けてくださるのです…。

教員免許を申請して…

それは、昨年10月のこと。
私は教員免許を申請するために大学の事務に行きました。
この教員免許を取るために、大学院時代様々なもがきもありながら教職課程を取り、教育実習にも行きました。その集大成が教員免許。これによって、私の次のステップにも進めるから、とても大事です。今年の計画のキーの一つでした。

というわけで、事務に教員免許を申請しました。教職用の単位はすべて取得していることを確認。ちゃんとチェックして安心して提出しました。

ところが、数日後事務から呼び出されました。一体何が…もしかして、教育実習の単位が取れなかったのか…それとも事後指導の登録を忘れた…?
そんなことを考えながら、事務の方に向かいました。そこで聞いたのは…

教科で必修の単位が取れていない

という話でした。…((((;゚Д゚))))

話を聞いてみると、一つだけ取れていない単位がありました。その授業名は私も聞いたことのないもの…。

「なんという…こんなマヌケなことがあるだろうか…(´・ω・`)」

落胆する私。
なんとなく「確認しなさい、ちゃんと見なおしたほうがいい」という神様の感動があったのですが…まさか教科の方でミスをしていたとは…(´;ω;`)

気分はブルーを通してブラック。
どんな授業なのか、いつ行なうのか、調べてみたところ…

あれ、この授業内容取ったことがある……

そう、その授業は学部時代に取っていたのでした。
しかし、学部時代には教職を取ることを想定していなかったため、別の授業名で履修登録をしていたのでした。。あの時は「一番なりたくなかった職業」でしたからね…教師…(*´・ω・)(・ω・`*)

神様の強力な働きかけ…

このことを事務の方に話しつつ、色々交渉した結果、今期に行なわれるこの授業を履修することができました。
神様の働きかけが…

  • 私のミスにも関わらず、担当教員の方も事務の方もみんな優しく対応してくださった(心を和らげてくださった)
  • 授業開始から一ヶ月経ったにも関わらず、ギリギリ授業に参加できた

という面で働きかけてくださいました。さらに、試験も

  • 神様が過去問を見せてくださって、その上に足りないところを感動で勉強したらそこがそのままテストに出た
  • 時間ギリギリで勉強する暇がない私。神様はバイト中に根本的な仕組みを一つ一つ感動で教えてくださった

などの働きでなんとか突破。私が忘れてしまって授業に出席できないことが何回かありましたが、どうにか単位は取得できました(^o^)
ちなみに、担当教員の方によると「成績良かったです。さすがですね」と褒められました。・゚・(ノ∀`)・゚・。流石ですね、神様…。

こうして無事にすべての単位が揃いました。
あとは、私が取得のための手続きを忘れないようにするだけ…気をつけないと。

こういう小さなところにまで助けの手をくださる神様に本当に感謝します!。・゚・(ノ∀`)・゚・。
こうして得られた教員免許を使って、次のステップに進みたいと思います!

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事