satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

韓国の「DUNKIN’ DOUNUTS」は美味しいのか?

韓国の「DUNKIN’ DOUNUTS」は美味しいのか?

摂理のスイーツサークル in 韓国!

 こんばんは、satoです。
 
つい最近、韓国に行きました。
今日はその時に食べた「DUNKIN’ DOUNUTS」のレビューをお話しします。

そもそも、DUNKIN’ DOUNUTSとは?

DUNKIN’ DOUNUTSとはアメリカ発祥の世界最大のドーナツ屋さんです。韓国にも各地にあります。

簡単にいえば「日本におけるミスタードーナツ」のようなものです。昔は日本にもあったようですが、今はミスドに変わりました。売っているものもミスドと似ています。

個人的には「韓国のご飯は美味しい!」と思っている私。特に韓国のお菓子は美味しいんですよね~。ロッテも韓国の会社ですし。

ただ、摂理のスイーツサークル会員の手料理・庶民派担当(←勝手に名乗っています(笑))にとって、韓国のカフェとかにあるスイーツは正直敷居が高い(主にお金)。

そんな私にとって、DUNKIN’ DOUNUTSのような格安スイーツはまさにありがたい存在。庶民の味方です(笑)

というわけで、早速食べてみました。

今回食べたのは…

今回は二つのドーナッツを食べました。

まずは、こちら。

ミスドのポン・デ・リング風のドーナッツ@DUNKIN’ DOUNUTS-摂理☆祝福の方程式
ミスドのポン・デ・リング風のドーナッツ@DUNKIN’ DOUNUTS

ミスドのポン・デ・リングみたいですね。私、ミスドのポン・デ・リングは大好きなんです。あのモチモチ感が…。

では、一口…。

!?

なんと、ポン・デ・リングよりふわふわしている!しかも、モチモチ感は(ミスドより落ちるけど)ちゃんとある…。

甘さもなんとなく上品…

これは、本当に美味しいです!\(^o^)/

続きましては…

DUNKIN' DOUNUTSのエンゼルクリーム風ドーナツ-摂理☆祝福の方程式
こっちはミスドのカスタードクリーム風です。

ミスドのエンゼルクリーム(カスタードクリーム)と似たようなこちらのドーナツ。

食べてみると…。

カスタードクリームでしたが、味がちょっと不思議…。甘いというよりは何か別の味を感じました。

このタイプだと、私はミスドの方が好きです…。

それぞれのお店の個性

今回感じたのは、ミスドと似ているものは売っているけど、やはりちゃんと違うものが売っているんだなということ。

どっちが美味しいのか、個人的な好みはあれど、やはり優劣は付けられないな…ということを思いました。

人によっては「モチモチ感の強いポン・デ・リングの方がいい!」というでしょうが、私はモチモチがちょっとないけど、甘さが上品なこのDUNKIN’ DOUNUTSの方が好きでした。

一方で、味に癖があったカスタードクリームはミスドの方がいいなと思いましたが、こういう味が好きな人もいるのだと思います。

やはり、人それぞれですよね。味の好みは…

 

これと同じように、人にはそれぞれ個性があります。神様は一人一人を違う味を持って造られました。

それだから、あの人がいい、この人が悪い、ということはできません。

人間は誰もが『人材』です。

その人が立つべきところにいて、その人がすべきことをするならば、神様はその人をお使いになります。

そこが「自分が一番輝くところ」なのです。

ただ、立つべきところ、すべきことは御言葉を聞いてのみ分かります。

だから、御言葉を学ぶ必要があるのです。

DUNKIN’ DOUNUTSとミスド、それぞれのドーナツのように、私達が各自の個性を光らせて活躍できる、そんな世界ができることを願います。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事