satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

全国の諦めたくなった人に、摂理人からのエール(?)

全国の諦めたくなった人に、摂理人からのエール(?)

こんばんは、satoです。
摂理人satoは物事を諦めがちです。いや、正確には「人に悪く思われるのが嫌で」諦めたふりをすることが多いです。自分の中ではなんとかなる、と思っても「こういうの認められないんだろうな…」とか勝手に思って諦めて、つい先日も自暴自棄してしまいました。
でも、それでも。
鄭明析先生はおっしゃいます。
諦めるなと。
基本、鄭明析先生についていくときは(神様の御心とは異なる道を行く時を除いて)自分で勝手に諦めることを許容はしません。
もちろん、「辛く思う気持ち」は共感してくださいますし、ずっと共にしてくださり、助けてくださいます。
しかし、必ず「一度やったことは完全に成し遂げる」ようにしてくださいます。
実際、私が大学院に行くときも、行ったあとも、何度も自分の夢を諦めていました。諦めるしかない状況にもなりました。しかし、いつも神様が助けてくださって、守ってくださって、最後まで行けるようにしてくださいました。たとえば、お金がないときは、バイトが見つかるように。勉強がわからない時は、霊感や人を通して助けて下さり。精神的に辛い時は人を通して、御言葉を通して励ましてくださり。そうやって、今まで私はここまで来ました。
だから、私も頑張ります。遅れてでも、どんなに時間がかかったとしても。
…なんて言ったら。
最初から遅れるとか思わないで、すべき時にしなさい。そうすれば間に合う。
っておっしゃいそうな気がします。
どんなに諦めたくなっても諦められないのが…「数学」と「御言葉を行なうこと」、そして「私に任されていたことをする」こと。
とにかく、この3つはあきらめないで頑張ります。
そして、それ以上に…。
私の創造目的、神様を愛し抜くことは絶対に、絶対に!諦めたくないです!
神様は私を創造した時、「はなはだ良かった」とおっしゃいました。
私がどんなに肉的にうまくいかないことがあったとしても。
どんなに御言葉を行えず、忘れてしまったとしても。
どんなに神様の心情を痛めつけることをしたとしても。
主がすべてを許して下さり、神様が私を許せるようにしてくださいました。
だから、今度は。
神様をたくさん悲しませた分、神様を喜ばせて差し上げる生活をしたいです。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事