satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人が見る「大学の個性」東京大学・東京工業大学編。~ツイッターのネタから~

摂理人が見る「大学の個性」東京大学・東京工業大学編。~ツイッターのネタから~

こんばんは、satoです。
突然ですが、私は「オタク系摂理人」です。それゆえか「ツイッター」ネタもある程度知っています。たとえば、「各大学のネタツイート」とか。これって、各大学のイメージをネタにしているんですよね。
しかし、本当にそのイメージが正しいのでしょうか?
鄭明析先生は「確認しなさい」とよく御言葉でおっしゃられます。そこで、このイメージがどれくらい実際と合っているのかを「私が摂理で会った各大学の学生」と比較して検証してみようと思います。
(摂理には実に色々な大学の学生がいるのです。)
※ここで使われているネタの選出、及び、私が会った学生には偏りがある、ということを念頭において読んでいただければ、と思います。あくまで「ひとつの笑い話」として、ね。
まず、日本の大学の中でも一番とされる「東京大学」。
東大は官僚を多く輩出していることや、一番の名門とされていることから「賢い」とか「プライドが高い(東大生であることに誇りを持っている)」ということを使ったネタが多い気がします。例えば、ツイッターをやっている人に向けて、「その時間を勉強に使ったら東大に行けただろうに」と話したら、「私は東大生です」と返されるというネタ。
実際、摂理で東大生、もしくは東大出身者の人に会うと、その多くが「自信を持っている」という気がします。「自分がやらねば誰がやる!?」くらいの。ただ、摂理にいるからなのか「プライドが高い」という人はあまり見かけません。誇りはあるけど、謙虚と言いますか。はっちゃっけてる人も結構います(笑)
ツイッターを見ていると「東大生だからなんだ…」という自虐ネタもたまに見かけますが、そういうことを言う人は実際あまりいませんでした。
ということで、私が見た東大生は「誇り高い」という印象です。
次は「東京工業大学」。
…なぜにそこを?と思う方、いるかもしれませんが(笑)
実は私のツイッターアカウントでは、この東工大のネタをよく見るのです。そこでは、「すべてのことに厳密さを求める」ことや「素数に敏感に反応する」というネタが多かったです。おそらくこの背景は「東工大は数学研究がとても力がある」というものだと思います。ちなみに、後者のネタは素数が「ゼータ関数」なるものと関連してて、東工大にはその分野の研究で有名な黒川教授がいることから来ているのだと思います。
で、実際に東工大の人と話す機会がありました。
そのときの印象ではそこまで厳密さを求めている、という感じはありませんでした。が、数学の話はとても盛り上がったことをよく覚えています。私も数学好きで「数学を通して御言葉を感じた瞬間」トークが本当に楽しかったです!またしたいな…(笑)
あ、確かにその人も「素数」に魅力を感じていました。
正直あまり多くの人と話したことないのでなんとも言えませんが…。私の印象では「確かに数学好きだった」、ということで(笑)
まだまだツイッターネタはたくさんありますので、しばらく続けてみようと思います。
ところで…北大はこういうネタあまりない気がしますね、ツイッターに。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事