satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理と考えの力、というより「御力」。

摂理と考えの力、というより「御力」。

こんばんは、satoです。
一昨日の日記で「祈るときに考えることで深い悟りが得られて楽しい(^o^)丿」ということを書きました。
もう少し詳しく書くと「自分が詰まった・考えていなかった部分について、御言葉をもとに考えてみると、悟った!という感覚が来て」楽しくなる、というわけです。
この「考える」という行ない、実はとてつもない力を持っているのです…!
それが今日の聖霊運動で伝えられた御言葉の核心。
よく「いいと分かっていても行えない」とか「やろうと決心したけど忘れてしまってた…」とかなるとき、ありますよね?実はこれ、「考え」が弱いからなんです。
つまり「いいけど…」とか「やろう!…後で」と「ぼやかす」考えを入れると考えがまとまらず…結果的に行なえなくなるのです。
また、普段あまり「考えていない」人だと「やろう!」と考えが浮かんでもあまり考えないので、すぐに忘れてしまいます。私はこのパターンが多い…。
逆に言えば、「絶対やる!明日の10時!5人!」という考えに集中することで考えが強くなり、実際に行なうことができます。あと、個人的には「文字」で考えるより「体を動かす」ように考える方が行う力が強くなります。これは私の感覚なのですが…。
ちなみに「漫画・アニメの知識」と言った「自分の行ないとは直接関係ない」考えを入れると自然に行なう考えの力は弱くなります。
私は摂理に来る前、考えがぼうっとしていた人間でした。
それは私がずっと「漫画・アニメ・空想世界」のことばかり考えていたから。それだと現実のことはほとんど何も考えられないですよね…。
人間、いろいろ考えられるようで結局「一つの考え」しか脳には入りません。
逆に言えば、主を呼ぶことによって「主のことを考えている」時はたとえ自分が好きなものでも中毒になっているものでも一切考えることが出来ません(笑)
そういうわけで…
「引き上げ」がかかっているこの時、私たちは引き上げについての考えを絶やさないようにしなければなりません!!これ超重要!
引き上げの感覚が湧かないなら「引き上げの御言葉を毎日読む!」、分からないなら「絵でも描いて理解する!」、主との愛が分からないなら「とにかく呼んでみる!」
これくらいは行わないと!ですよね!私も行ないます!
…え、「どうして引き上げられないといけないのかわからない」?
それなら、まずは御言葉を聞いて救われないと!です!

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事