satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

Q.御言葉中にパニックに陥ったらどうすべき?

Q.御言葉中にパニックに陥ったらどうすべき?

おはようございます、satoです。

最近こんな記事を見ていました。

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 第66回 「発達障害者のパニックも十人十色!」ってお話(これは有料記事です)

発達障害当事者のくらげさん、寺島さんのお二方が自分とその周りにいる様々な経験をトーク型式で書いてくださっているもので、私は定期購読しています。
その中で今回は「パニック」にフォーカスを置いて書かれていました。

発達障害傾向の人は色々なことでパニックを起こしやすいです。
たとえば、ASD傾向にある人は「想像力の欠如」に由来して「予定外のこと」が起こると何をして良いのか分からずパニックを起こしてしまうというのは有名な話です。
また、自分が失敗してしまうとパニックに陥ったり、失敗したと考えるだけでちょっと危なくなります。

このパニック現象、私もよくあります。しかも、摂理の中で。
私が最も起こりやすいパニックのシチュエーションは

「予定していなかったタイミングで御言葉が突然伝えられる」

という状況です。

実は今週もこれが起こりました。水曜礼拝後、教会に来られたゲストの方が御言葉を伝えてくださることになったのですが、その時にパニックに陥りました。
私にとって御言葉というのは「かなりの集中力と心の準備が必要なもの」なので、ある程度コンディションが整っていないと本当に駄目です(T_T)
そのため、水曜礼拝のように「決まっている」ところならなんとかなっても、突然の御言葉だと上手く受け入れられない時もあります。
ちなみに、このときはこの直前までバイトでちょっと疲れている状態でした。一般に疲れているとパニックに陥りやすくなるようです。

私がパニックに陥ると、思考停止状態になります。
具体的には「自分の感情が強く出てしまって動けなくなる」という状態です。
基本私は言われたことに対して素直に聞き従おうとする(そうしないと罪悪感が残る)傾向にあるのですが、このパニック状態に陥ると「従う」心と「我が強くなる」心がぶつかってコントロールが効かなくなってフリーズしてしまうのです。

以前はもっとひどくて、一度パニックに陥るとギャーッとなって訳の分からない言葉を話していたり、行動を取っていました。
また、御言葉を聞いていて「従う心」と「強情な心」がぶつかって葛藤、フリーズした結果心神喪失状態になってしまったということもありました。
最初にこの現象になった際は完全に意味不明な(しかし、自分にとって見えるとおりに)ことを話していて、お世話になった先輩に介抱されました。
あの時私は一人で御言葉を補っていたのですが、どうやって先輩が来たのか、家にどう戻ったのか全く記憶にありません…(´・ω:;.:…とにかく神様が助けて下さいました。本当に感謝します。

ある程度神様と向き合って精神的に成長した今ではある程度収まってきましたが、今でも時々起こりますね…心神喪失状態。

ここで、ある程度摂理にいる私が思うアドバイスですが…

1.パニックに陥っている時に御言葉を受け入れられなくても落ち込んだり「自分は不信仰者だ」と考えない
→私はこういう風に御言葉に反発した時とても申し訳なくなって、自分が足りない…と考えることが多かったのですが、どちらかと言えばこれは「脳の特性」から来るものです。ひとまず落ち着くことが大事です。

2.パニックに陥った時に判断しない
→自分はこれが苦手だ、とか、自分はこれがしたくないのだ、とか、御言葉を聞いた瞬間の反応で考えてしまうとドツボにはまります。
なので、落ち着いてから改めて御言葉を聞いてみましょう。

3.パニックに陥らないために、お祈りとできる対処をしておく。
→お祈りはとても重要です。あと、無理はしないことも。(と言ってもどこまでが自分のキャパなのか分かっていない人が多い気がします…)

このあたりを意識するだけでもだいぶ違うと思います。

というわけで、パニックに振り回されず、今日も楽しい摂理ライフを。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

私と発達障害カテゴリの最新記事