satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

注意力散漫な摂理人が神になる方法「いつも確認」

注意力散漫な摂理人が神になる方法「いつも確認」

確認は人を神にならせしめる。

こんばんは、satoです。

私はAD/HDという発達障害の傾向を持っています。

この傾向の最大の特徴の一つが

注意力散漫

です。色々なものにすぐに引っ張られ集中できない、どんなに大事なものでも、他のことを考えるとすぐに忘れてしまう。

あるいは、大事なことなのに、頭に浮かんでいるのに、他のことに注意が逸れて行えない。

これで生活に支障が生じるレベルなのが、この障害です。私も財布を忘れたり、すべきことを抜かしたり、授業を忘れていたり、人との約束をすっぽかしたり…そういうことが時々あります。

そんな私ですが、世の中にはどうしても失敗できないことというものがあります。

たとえば、海外に行く時のパスポートと財布。

人から買い物を依頼される。

そういう自分だけでなく、人にまで迷惑をかけてしまう状況はあります。社会人になるとさらにこういうことは多くなります。

そういう時に、私はどうするのか。

AD/HDという脳の傾向をどう越えていくのか。

確認が神だ

その答えが、次の摂理の御言葉です。

行なう度に100%確認しなさい。 確認せずに行なったら、狂犬に噛まれるようになる。 全てのことにおいて確認だ。   鄭明析牧師の明け方の御言葉より@マンデー
行なう度に100%確認しなさい。
確認せずに行なったら、狂犬に噛まれるようになる。
全てのことにおいて確認だ。
鄭明析牧師の明け方の御言葉より@

確認です。最近の摂理の御言葉では「確認が神だ。」という話もありました。

考えを神にしなさい。

これは、神様の方法で行ないなさい、ということです。その中の一つが「確認」。

どんなに忘れてても、抜けがあっても、確認さえすればある程度はそれを補うことができます。

私の「確認」実践記

たとえば、海外に行くときは、必須といえるパスポートを常に持っているか確認しています。

また、航空券が本当に取れているのか、気になるところ、わからないところがあれば確認します。

おみやげを買うときも、本当にこれでいいのか聖霊様に尋ねました。そしたら、別のお菓子を買ったほうがいいと思って、それも買うようになりました。

自分がやっていることが正しいか、考えが常にどこに向かっているのか、御言葉で確認します。

確認すると、どんなに忘れっぽい私でも、確実に忘れません。

むしろ忘れっぽいと自覚している分、さらに緊張して確認するから有利です。

そういうわけで、確認したことで安心して動くことができるのです。

最も…いくら確認をしても一つのことで頭がいっぱいになって「もう一つのこと」を抜かしてしまうのもまた、私なのですが…

例えば、お土産を買う時にレシートを貰い忘れるとか…(ヽ´ω`)

航空券のことで頭がいっぱいになって、お金のことを忘れるとか…

この「一つだけを考えない」もまた、摂理の御言葉で話されていること。

頑張って、実践していきたいです。

そして、失敗したことを忘れてしまうこともあります。

これも気をつけたいです。

摂理人が神になる、その日を目指して、今日も発達障害の傾向と戦うのでした…

 

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

私と発達障害カテゴリの最新記事