satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

スキマ時間に数学を。

スキマ時間に数学を。

おはようございます、satoです。

最近数学をする暇がないくらい…とまではいきませんが、今週は特に色々なことに追われていました。
そんな中、今日は久々にうまく時間を使うことが出来た、と感じたことがありました。

<大きいこと>は「大きい時間」を投資してやり、<小さいこと>は必ず「小さい隙間の時間」をもってやらなければならない。
<小さいこと>に「大きい時間」を、余裕をもって使うと、「大きいこと、大きい機会」が来た時、時間がなくてできなくなる。だから成功するはずのことも失敗するようになる。
<はした金>を貯めて「大きいもの」を買うように、「隙間の時間」を貯めて「大きいこと」を行なって得なさい。-2017年12月9日鄭明析先生の明け方の箴言より

移動時間、ここ最近ずっとネットをしていたり、眠くて寝ていたり、あるいは仕事をしたりしていましたが、今日は「数学」をやりました。
今までずっと考えていた問題の新たなアプローチが思いついたので、その実験のためです。そのためには新しいことを学ばなければなりませんが、その勉強をしました。
こういう時、Galaxy Note8はとても大きな力になりました。Sペンを使ってメモを取りながら計算もできる上、二画面に分けて別々のアプリを起動させることが出来ます。
この機能自体は前のスマホでも出来たのですが、かなりカクカクになっていました…。ところがGalaxy Note8はオクタコア・メモリ6GBという(私のパソコンよりハイスペック)驚異的なスペックのため、二画面でもスムーズに動かせました。
その御蔭で、一つでネットの文献を読みながら、もう一つで写したり問題を考えられました。大画面なので十分見やすいし、書きやすいです。

<1分>をもって詩も書き、絵も描き、箴言一つももらう。<こつこつやっておいたもの>で摂理史の行事の時に「三位の御言葉の宴会」をする。-2017年12月9日鄭明析先生の明け方の箴言より

こういう箴言がありましたが、私はスキマ時間で数学の理解が深まり、ノートには考えたことが残りました。

それにしても、数学というのは改めて次元が高い、とても発想力が必要な世界だと感じています。

考えは「考えれば考えるほど」 もっと良いもの、もっと深いもの、 もっと高い次元のものを得るようになる。-摂理の御言葉「発想力について」より

数学研究に一番必要なのは、発想力です。このことについて、書きたいことはありますが、それは別の機会で。
この発想力を養うために必要なことが深く考えることです。

今まで受動的に、何も考えずにしてきたことが多かったなぁ、と反省しています。
Galaxy Note8というハイスペックなスマホをどう使うべきか、しばらく悩んでいましたが、今日のように活用できることを見出したので、これを機にスキマ時間にも色々考えて計算して、発想力を深めようと思います。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

数学カテゴリの最新記事