satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

【摂理人が書く物語】目指せ天のタレント!「個性の王様」芸術祭。その4

【摂理人が書く物語】目指せ天のタレント!「個性の王様」芸術祭。その4

←その3
そして次の日。
A「Lちゃん、昨日Gさんにちゃんと謝りたいって言ってたよ。」
B「そうなんだ。
Gちゃんもあの後「自分がこだわりすぎた」ってことに気づいてて、できるだけみんなの意見を聞きながら改めて振り付けを作りたいって話してた。」
A「じゃあ、二人がうまくお互いの意見を言い合いながら進められるように…」
B「私たちはうまくサポートしよう。」
AさんとBさんは家で打ち合わせをしていました。
GさんとLちゃんはどちらも能力があって気が強いので、二人ともうまく生かされるようにAさんとBさんがうまく支えていこうという方向になりそうです。
A「でも…もしかしたらLちゃん、遠慮しちゃうかも。
今までちゃんと考えてなかったけど…私たち結構Lちゃんと年が離れているから。」
確かに、Aさんたちはみんな23歳、高校生のLちゃんとはだいぶ差があります。
B「うん…Gちゃんももしかしたら…少し身を引くかも。
「私の言葉でみんな傷つけちゃった」ってショック受けていたから…。」
Bさんも少し懸念を示します。
A「…とりあえず、行こう!」
B「そうだね。実際に話し合いにならないとわからない。」
A「じゃ、行ってきます!」
B「行ってきます。」
I「二人ともいってらっしゃい。」
Iさんに見送られて、二人は駅前のカフェに行きます。
——————————
C「じゃ、また明日ね!」
L「はい!!今日も御言葉を教えてくださりありがとうございました!!」
駅前のカフェ。
今日はCさんから御言葉を教えてもらっていました。
L「そっか…。
神様の歴史は、違う個性を持つ人たち一人一人が生かされることで成されるんだ…!!
なんだか…今の私にぴったり!神様が昨日のことを見ていたのかな…いや、見ていたんだ!!」
御言葉を振り返りながら、テンションが上がるLちゃん。
L「よ~し!
ちゃんとGさんにも謝って、皆で…」
G「あ、おはよー。」
と、そこにGさんが来ました。
L「Gさん!おはようございます!!」
G「今日も元気だねー^^」
L「ありがとうございます!!」
二人とも、昨日のことが何もなかったかのようにやり取りをしています。
G「あ、昨日のことなんだけど…」
L「あ…あの…」
G「…えーと…」
しかし、Gさんが昨日のことを話し始めた途端、二人とも黙ってしまいます。
G「(どうしよ…なんて言ったらいいんだ…。)」
L「(私から…謝らないと…でも、なんていって謝ろう…。)」
二人とも何を言っていいのか、言葉に困っています。
A「あ、Gさんもう来てる!」
B「Lちゃんと話をしてる…のかな?」
A「二人ともおはよ…」
「「ごめんなさい!!」」
言葉が出ないなら、まずは「ごめんなさい」と言おう。
二人ともその結論に至った結果、「ごめんなさい!!」という声がかぶったのでした。
L「あ…」
A「…」
B「…」
G「…あ。」
声が重なったことに気づいて、お互いを見るGさんとLちゃん、それを見守るAさんとBさん。
「…アハハハ!」
思わずおかしくなって、気付いたらみんな笑っていました。
L「Gさん、昨日はごめんなさい!
少し言い過ぎちゃいました。イケてないって…失礼でしたよね。」
G「いやいや。私こそごめんね。
皆の意見ちゃんと聞かないで、自分だけで話進めちゃって…。
それで、言葉がつい…」
B「ま、Gちゃんはいつもそうなんだよね。少し突っ走る癖が…」
G「そこはフォローしてよ!(笑)
友達なんだからさ…」
B「あ、ごめん。」
A「ま、立ち話もなんだから…とりあえず飲み物を頼んで、話し合いましょう。」
G「そうですね!」
A「あ、今日は私がみんなの分出すから、好きなもの頼んでね!」
G「え、いいんですか!?」
L「いつも…ありがとうございます。」
A「ううん。私じゃなくて、主がくださるんだよ。」
B「じゃ…遠慮なく。」
A「う~ん…セットはちょっと高いかな…。」
B「そう?」
G「Bは…もう少し配慮をだね…。すいませんAさん、Bがいつもマイペースで…。」
A「いえいえ。いつも一緒に暮らしてるから、慣れてるよ…。」
B「…」
Bさんのことで気が合うAさんとGさん。
少し複雑な心境のBさんなのでした。
B「…ま、いいか。」
——————————
G「改めて…昨日はごめんなさい。
皆さんの意見をちゃんと聞かないまま進めてしまいました。
私が考えた構想もありますが…みんなで話し合って、ちゃんと作っていきたいと思います。今日は、振り付けと流れの話し合いをしたいと思います!!」
飲み物を頼んだみんなはテーブルに座って話し合いを始めます。
まずはGさんが昨日のことを謝って、趣旨を話します。
G「何か意見のある人はいますか?」
L「…」
A「…うーん。」
B「…」
Gさんが皆に意見を問いますが、声が挙がりません。
G「あれ?Lちゃん、意見ないの?」
L「えーと…話していいのかなって…」
G「いいよいいよ!なんでも言って言って!」
L「えーと…。」
Gさんが促しますが、Lちゃんは何を言ったらいいのか迷っている様子です。
G「…どうしたの?」
L「ん~…何から言っていいのか…迷っています。
私も昨日みたいに出しゃばりすぎたくないから…。」
G「そんなこと気にしなくていいって!
私のことはいいから…」
B「(…やっぱり。
Lちゃんは年上であるGちゃんのことを気にして話ができてないし、GちゃんはLちゃんに負い目を感じてちょっと引き気味だ。)」
A「(…どうしようかな…。)」
二人の様子を見ながら考えるAさんとBさん。
A「ねぇ…そしたら、さ。
Lちゃんが今までダンスについてどういうことを教えてもらったのか、教えてくれないかな?」
L「え?」
G「あ、それいいです!Lちゃん、教えて教えて!」
L「えーと…それはいいんですけど…いいんですか?」
G「私ね、昨日考えたの。どうしてLちゃんの話と私の話がぶつかるのか。
それは私とLちゃんは同じようにダンスについて詳しいけど、その経験や見てきたものが違うからなんだよね。」
Gさんは昨日振り返って気づいたことを皆に話します。
G「…うん。まずは私から自分のことについて話してみますね。Aさん、Lちゃんいいですか?」
A「うん。」
L「お願いします!!」
G「私はね、今までAKB48のDVDや本を読みながら、研究してきたの。どうやったらAKB48のように踊れるのか、その見せ方とか、一つ一つの動きの意味を。だから、今回も一つ一つの動きに意味を持たせながら振り付けを考えてきたのよ。」
L「へぇ…そうだったんですね!!」
A「そんなに熱心に研究してたんだ…。」
B「Gちゃんはね、教会に来る前は本気でAKB48に入ろうと頑張ってきたからね…。
でも、御言葉を聞いて、もっと神様を愛したいからその夢を切って教会に来たんだ。」
G「このダンスももともとはBと一緒にAKB48の曲を使って賛美を捧げるつもりで考えてきてたの。
でも、御言葉を聞きながら「いっそ曲も賛美に変えたらもっといい感じになりそう!」って思ったから、思い切ってその曲を捨てて、AKB48になることを切って、こうやってみんなが参加する形にできたんだ。」
L「そんなに…思い入れがあったんですね。」
G「でも…それがあまりに強くて、昨日はLちゃんとケンカになっちゃったの。私はLちゃんがどういう経験をしているのか、知らなかったから…ぶっちゃけ「自分の作ったものを変えられる」ことにちょっとイライラしてしまって…」
頭をポカリと叩きながら、本音を話すGさん。
G「それなら、いっそ「みんなで新しく作ろう!」って思ったの。そうしたら、さらに完成度の高い作品ができるから。」
A「そういう経緯があったんだ。ちゃんとは知らなかったなぁ…。」
L「…うぅ。」
B「Lちゃん?」
Gさんの話を聞いて、涙がこぼれるLちゃん。
L「神様をもっと愛そうとして、自分の好きなものを切るなんて…。すごく、愛を感じました…!」
Gさんの経緯を聞いて、感動していたのでした。
G「そんな、大それたことじゃ…」
L「ううん!!
すっごく大きいと思います!!私も御言葉を聞いて、神様を悲しませたくないから…好きな人に告白されたけど、ふっちゃいました!!」
G「…うわぁお。Lちゃん、君もすごいね…その愛。」
笑いながら自分のことを話すLちゃん。その行いにGさんも感心していました。
L「私は…中学生の時、ダンスのレッスンを受けていたんです。
その時は踊り方、特に「身体の動かし方」とか「リズムの取り方」といった基本的なことを教えてもらいました!!」
G「そっか、専門的に教えてもらっていたんだ。私はあまりお金がなかったから、そういうのは受けられなかったなぁ。」
B「Gちゃんはより感覚的、Lちゃんはより理論的なんだね。」
G「あ…なるほど、そういうことか。だから、昨日はいろいろ意見が食い違ったんだ。」
L「これをうまく組み合わせれば…」
A「私たちは一つのチームだけど、その中で各自の個性通りに働かないといけない。
L「え?」
A「これは私たちに御言葉を教えてくださった牧師先生が話してくださったことなの。私たちが理想世界を成すために、もっと理想的にすべてのことをできるようにするためにどうすればいいのか、それに対する答えだよ。」
G「いやぁ…やっぱりイケませんな。」
L「?」
G「私は自分とLちゃんが同じように考えてるって思い込んでいたの。だから、Lちゃんが「自分の経験から」話してくれたことを「私の考えと違う!」と受け入れられなかった。でも、そうしたらより理想的なダンスを作るという希望を自分が切ることになって、自分が苦しむだけだったんだなって。」
B「神様が与えてくださった個性があるから、私たち一人一人は見えるものが違う。
だから…対話して、それを共有しないと一つになれないんだ。
A「話し合うことって…大事だね。」
L「そうですね!!」
皆は一人一人が持つ視点を話すことの大切さ、一人一人の個性の大切さを感じていました。
G「わかった!
それじゃあ、私が考えたダンスの振り付けを話すね!
今日は紙を用意したの!」
そういって、ダンスの振り付けが書かれている紙を出すGさん。
L「うわぁ…。それ、昨日みんなが帰った後やったんですか??」
G「うん。まずはみんなが見える形の方がいいかなって。ちゃんと一つ一つの動きの意味も書いておいたよ!」
L「…すごいです。こんなに詳細に書き込んでるなんて…!!」
G「これをLちゃんが教えてもらった基礎の視点から見直してほしいんだ。動きに無理がないかとか、もっといい見せ方があるか…とかをね。」
L「わかりました!!見てみます!!」
そういって、しばらく振り付けをチェックするLちゃん。
L「Gさん、ここなんですけど…たぶん、Aさんが動くには大変だと思うんです。」
G「どれどれ…あ、そこか。確かに「ターン→ステップ→ターン」って、歌いながらやるのは大変かなって思ってたんだよね。」
L「そこは「愛に夢中になってる」ってことを表現したいんですよね。それなら、いっそAさんが飛び回る風にステップを踏むだけでも…そしたら、もっとAさんらしさが出ていいと思います!!」
G「あ!そうだね!そのほうがよさそうだ。
あ、じゃあ、ここのBの動きも変えて…」
L「すご~い!!もっと自由になってる感じが表現できてますね!!」
二人はお互いの経験を活かしながら、新しく振り付けを作っています。二人とも楽しそうです。
A「…よかったぁ。なんとかなりそうだね。」
B「さっきはどうなるかと思ったけど…」
AさんとBさんもGさんの用意した紙を見ながら、小声で話しています。
A「Gさん、ここまでちゃんと準備しておくなんて、しっかりしてるね。」
B「うん。ああ見えて結構しっかり者だから…。」
A「B…ああ見えて、は少し失礼じゃない?」
B「…そうだね。気を付けます。」
G「Aさん!B!
二人も何か意見あれば教えてください!」
そんな二人に声をかけるGさん。
B「ねぇ、ダンスの方は二人に任せていいかな?私たちはハモりの方を考えようかなって。」
A「私のことはLちゃんが考えてくれてるみたいだから、たぶん大丈夫かなって。もしちょっと大変そうだなって思ったら、その時は話すね。」
B「私たちは歌の方がセンターだから、そっちに集中しようかなって。」
G「なるほど…わかりました!それでは歌の方はお二人にお任せします!」
L「ダンスの方は私たちに…」
「「任せてください!!」」
また、声が重なる二人。
B「息ぴったり…。」
A「うん、それじゃあ、お願いします。」
そういって、AさんとBさんは楽譜を出してハモりについて考えます。
同じテーブルではGさんとLちゃんがダンスについて熱く議論しています。
一人一人が活かされて、楽しそうな話し合い。見守る神様も、楽しそうです。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

物語カテゴリの最新記事