satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

【摂理人が書く物語】たくさんの行ない、たくさんのしるし。その3

【摂理人が書く物語】たくさんの行ない、たくさんのしるし。その3

前回→「たくさんの行ない、たくさんのしるし。その2」
それから数日後…。
B「明け方の礼拝終わった…。眠たい…帰って寝…いや、御言葉を一つでも聞こう。」
Bさんは教会でお祈りした後、パソコンで御言葉の映像を見ようとしてます。
あれから、Bさんは毎日明け方の礼拝後にこのように御言葉を聞き続けています。
B「今日は…「祈りの方法」って御言葉読んでみようかな。もう少しお祈りの次元を上げよう…」
B「…アーメン。なるほど…そうすれば…」
G「ねぇ…最近B変わった?以前は明け方にも来なかったのに、ここ最近は毎日パソコンで御言葉を見てる。」
D「そうだな…。やはり主の御言葉はすげぇ…。」
G「…今まで御言葉に対しても反応薄くて…正直雰囲気が悪くなってたけど、最近のBの反応、少し良くなったよね。」
D「やはり…主の御言葉は…」
同じことを繰り返すDさん。気持ちはわかりますが、もういいです(笑)
Bさんは御言葉を聞きながら、少しずつではありますが信仰生活ができるようになってきました。少しずつ長く祈り、一章だけでも聖書を読むようになり…
B「終わった…よし、寝る」
怠け癖も。
B「…前に、すべきことをしてからにしようかな…。課題を、まずは100字だけでも進めてみよう。」
少しずつ、変わってきています。
B「主よ…あ、この構想いいかも…。」
そんなBさんを見て、主は喜んで助けてくださっています。
———————
とある会社で。
A「よし…集中して、取り組もう。
(主よ…どうやったらうまく説明できますか…。)
「核心をとらえなさい」!私が何をしたいのか、その核心を書いてみよう!」
デスクで祈りながら、先生の精神「成功するまで諦めない」で頑張るAさん。御言葉を考えつつ資料作成に取り組みます。そして、お昼。
A「課長!この間の業務計画の資料できました!チェックをお願いします。」
課長「早いな!?わかった。…ふむ、全体的に前のより見やすくなっている。
具体的に何を目指して、どのようなアプローチで目標を達成するのか、その数字まで細かく書かれている。
ただし…」
A「…」
課長「これは本当に成せる数字なのか?その検討は十分にできているか?」
A「…はい。これは…」
課長に計画のプレゼンをするAさん。仕事に厳しい課長の鋭い視線にもものともせず、堂々と伝えています。
課長「…なるほど。確かにできそうではある。ただ、計画がうまくいかなかった時の「代替案」もちゃんと考えておけ。」
A「わかりました。」
課長「とりあえず、資料はこれでいい。」
A「ありがとうございます。それでは、お昼休憩が終わりましたら、営業に行ってきます!」
課長「他の仕事は終わったのか?」
A「はい!」
課長「じゃあ、お前が営業回っている間にチェックする。」
A「ありがとうございます!よろしくお願いします。」
課長「うむ、お昼はしっかり休めよ。」
課長とのやり取りが終わり、お昼休憩にいくAさん。向かうは…屋上。
A「主よ、感謝します!主が共にしてくださるから、落ち込みそうになっても、プレッシャーを感じても大丈夫です!これも主が私を作ってくださったからです!」
そう告白して、賛美を捧げるAさん。大きな声は出せませんが、その分心情を込めて歌います。そう、先生に教えてもらった通りに。
A「さて、営業に行きますか!主よ、共にしてください!」
「おい、Aが営業に行くぞ…今週は毎日行ってる。
この間ミスしてから、さらに熱心に仕事するようになったな…。」
「しかも…前より自信がありそうだ。さっき課長に堂々と自分の計画を説明してたぞ…。ベテランでもあの課長の前だと緊張して萎縮してしまうのに…あの自信無さげだったAに何が?」
「知ってるか?A、今週だけで5件新規契約とったらしいぞ。」
「マジかよ!このままのペースで行けば…この間のミスを取り戻せそうだぞ…いったいAはどうしちゃったんだ?」
「一目瞭然に…変わった」
彼女の働きぶり、そしてその変化と業績に会社内では噂が広まっています。
A「今日も契約とれた…主が共にしてくださったからですね!感謝します!さて、今日は直帰していいから…と。すいません!この辺りで…」
仕事を終えたAさんはすぐに伝道を始めました。どうやら高校生のようです。Aさんの話に興味がありそう…盛り上がっていますね。
そんなAさんの行ないを見て、御子が来られました。
御子「A、君はすごいな!
今まで人に話しかけることも怖がっていた君が伝道を…。いったいどこからそんな力が…。」
A「それは…あなたからです!
私は正直まだ人に話しかけるのは怖いですが…あなたが願っていらっしゃることをして差し上げたいから、伝道するんです!
御子「…君は、私を愛しているのだなぁ。」
御子はとても嬉しそうにAさんのそばに寄り添い、彼女を助けています。
今はこの時代に一度しかない「引き上げの時」。だから、引き上げにたくさん投資すべき時なんです。その投資は十億倍に返ってくる、決して損をしないもの。
「たくさん」信じて、「たくさん」行ってみてくださいね。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

物語カテゴリの最新記事