satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理で感じた「自分」を愛することの大切さ

摂理で感じた「自分」を愛することの大切さ

こんばんは、satoです。

私が摂理に来てから一番大切だなと学んだのは「自分」を愛することです。ややこしいかもしれませんが、これは「私がいてもいい」というか、とにかく「自分を許すこと」の大切さという意味で、ナルシストとか高慢とか、そういうのとは異なります。

今日私はいろいろ失敗した自分、というか「自分がしようとしていたのに、できなかったこと」とか「期待に答えられなかったこと」とか、そういうところを見てしまって、ひどく落ち込んでいました。それで、しばらくこの重い心と向き合っているうちに、傷だらけの自分の姿が見えたのです。最初は「私のしたことでこんなに傷つくなんて…」というショックと「でも、私は楽しかったのに…」という幾分か身勝手な考えを持っていました。
自分が好きなことに溺れてしまって、自分が好きなように考えてしまって、失敗をしたのですが…。

でも、とにかく抱きしめてあげました。傷ついている私を。
そうしているうちに、私は気づいたのです。
何をするにしても、まずは私自身を愛して、ゆっくりでもいいから天の愛を自分に注いで上げることが最優先だ。と。

神様は「愛を受けたい」と思うなら、まずは「あなたが私を先に愛しなさい」という話をされました。ここで、「神様を先に愛する」とはどういう意味なのでしょうか?
摂理の御言葉では、これについて次のような明確な答えが与えられています。

「神様の望むとおりに行なうことだ」

と。では、神様は何を望んでいるのか、というと「私を愛すること、命を愛すること」なんです。そして「私からの愛を受けること、命と愛し合うこと」なんですよね。
それなら、まずは自分自身を神様の御言葉で学んだとおりに愛してあげる、というのも、神様の望むとおりにして差し上げることだなと私は気づいたのです。

これは簡単なことではなかったりします。自分が過去生きてきてしていたことに目がいったら、神様の愛で愛してあげる、ということが出来なかったりするからです。そういう所に正直負担を感じていた私でしたが…。

それでも、愛を受けて心の中の私が嬉しくなるから、やりがいがあります。
そうやって、少しずつ私の価値を取り戻していきたいです。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事