satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理と人間の尊厳。

摂理と人間の尊厳。

こんにちは、satoです。
ここしばらく「人種差別」とか「貧困」に関する記事をマーティン・ルーサー・キング・ジュニアとかネルソン・マンデラに関連して書いています。もともと私は「差別」が嫌でそれをどうにかしたい思いもあって色々調べたからなのかもしれません。今日もその話題から。
皆さんは「ローザ・パークス」という方をご存じでしょうか?彼女はモンゴメリー州で白人から差別を受けましたが、それに対して毅然な態度で抵抗し逮捕されました。この事件から、キング牧師によって「モンゴメリー・バス・ボイコット」が始まり、アメリカの人種差別法が撤廃されるに至りました。
そう、彼女の「人間の尊厳を守る」行動がキング牧師たちを動かし、歴史を作ったのです。
彼女は仕事の帰り道にバスに乗っていました。そのバスは黒人席と白人席に分かれていて、その日黒人席はいっぱいだったので、彼女は白人席に座っていました。
彼女の住んでいるところには、白人が座れないときは白人席にいる黒人が譲らなければならない、という法がありました。…ただ、生まれた血統の違いだけで。自分ではどうしようもないところで、こんな待遇の差があるとは。
しかし、当時はこのような待遇の差が当たり前でした。ほとんどの黒人はそれに甘んじていました。事実、その日も白人が座れなくなったときに、彼女と同じように白人席に座っていた黒人は皆席を譲りました。
しかし、彼女は立ちませんでした。運転手に注意されても、逮捕されるぞと言われても。
いつもより疲れていたからではなく。
他の理由があるわけでなく。
ただ、「自分に存在するであろう当たり前の権利」を守るために。
そう、「人間の尊厳」を守るために。
人間には、誰もが生まれながらに持つ「基本的人権」が存在します。そう、
「生まれたところによらず、
人種によらず、
血統によらず、
性別によらず、
自分は自分の意思を持ってすべてを決めることができる」
意思決定の権利、です。
これは「神様が人間に与えた最高の宝物だ」と鄭明析先生が話されました。
もしこれを「血統や性別など」によって妨げるならば、それは差別となるでしょう。
もしこれを「脅迫や暴力」で曲げようとするなら、人はそれを拒絶するでしょう。
鄭明析先生は御言葉で私たちに神様を信じ、愛するよう話されます。しかし、そのことを強要されません。それは神様が「人間自らが愛を捧げる」ことを願われるからです。
だから、先生も私たちに強要はされません。洗脳も脅迫もありません。そんな摂理だからこそ、私たちは愛で、喜びで走れるのだと思います。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事