satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人は何をやっても神様を考える。

摂理人は何をやっても神様を考える。

こんばんは、satoです。
突然ですが、次のような聖句があります。
「わたしは貧に処する道を知っており、富におる道も知っている。わたしは、飽くことにも飢えることにも、富むことにも乏しいことにも、ありとあらゆる境遇に処する秘けつを心得ている。」
これはパウロ先生がイエス様を証するなかで様々なことを経験した上で話されていることです。
これと同じく、摂理人はどんなことでも「神様」と結び付けることが得意です。目標は「一人でいて何をやっても神様のことを忘れない」こと。
今日は教会で…「大富豪」をやってました!あのトランプの大富豪。それも男三人で。
ただやっても神様のことを考えられないので、「負けた人が神様を感じたことについて話す」というルールを加えました。そしたら…ただ大富豪やってるだけなのに、神様のことを深く考える時間になりました。
一人の(教会に来て間もない)兄弟が証をすると、それに別の(教会に長くいる)兄弟がコメントしたり、教育したり。私も証したり。ちなみに…大半の神様のエピソードを話したのは教会に来て間もない兄弟でした(笑)
これを通して、本当に何をやるにしても神様を考えることができるんだ、と思いました。大事なのは一つ、「神様を考える工夫を考える」こと。
何をやっても神様を考えること。これが「どんなことも楽しめる」秘訣なんじゃないかと思います。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事