satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理と数字のマジック。~自己主観によってこんなに御言葉の印象が変わる!~

摂理と数字のマジック。~自己主観によってこんなに御言葉の印象が変わる!~

一日100回主を呼びなさい。どうして一日300回も主を呼べないのですか?
この言葉につまずいた人手を挙げて~!(笑)
私はこの言葉にかなりつまずいていました。だって…なんか「スポ根」くさい。シンプルな感じでなく、ただ「根性でやればいい!」というのに…相当引っかかっていました。
ところが。
今日シャワーを浴びる中で主を忘れていたことに気づき「主よ!」と呼んだときに、ふと「一日100回」呼ぶ目的が「考えの中に御子を忘れない」ことだと思いだしました。それで、突然「計算」する感動が浮かんだのです。
さて、私たちは一日24時間を生きています。
そのうち寝る時間は大体6時間ですよね。そうなると人は18時間起きて活動しています。
さて、その中で御子の名前を100回呼びなさいということは…?
計算してみましょう。
18時間に100回ならば、大体1時間辺り6回呼べばOK。これはつまり…10分に1回ってこと!
300回なら3分に1回!
確かに「これくらいもできませんか!?」と言いたくなる気持ちも分かります(笑)
実際、10分に1回ならば何かあるごとに「主よ!?」って言っているんではないでしょうか?
このように、御言葉を聞くにしても「自分の主観」によってここまで印象が変わるんです。それこそ「スポ根やん!」から「あれ?少ない?」ってくらい。「できない」から「できる!」に。
だから、私たちの考えがとても重要!というわけです。
まぁ、これは御言葉に限らず世の中でも同じなんですけどね(笑)
ちなみに鄭明析先生の御言葉の中に「析きなさい」(さきなさい、摂理独自の用語で分析するとか分けるという意味)があります。今回のように「大きなことも細かく分けてすると少し行なうだけでできる」ことがあるんです。このことを覚えておくと、スポ根のような御言葉ももっと身近に感じられるのではないでしょうか?

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

数学カテゴリの最新記事