satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

どうして摂理にいると「つらく思う」時があるのか?

どうして摂理にいると「つらく思う」時があるのか?

少し方向を変えて、私の経験から感じた「摂理にいると感じる疑問」について書きたいと思います。これはあくまで私の経験に基づいたものなので、参考程度に。
さて、私は摂理にいても「神様に愛されていないのでは?」と感じるときがあります。
こう感じる理由として
・「助けてください!」と切実に祈ったのに痛い目にあった、等の「神様に願い求めたのにその通りにならなかった」
・何をやっても「嬉しくなれない」。祈っても、賛美してもどこか離れている感じがして寂しい。
・罪があるから、伝道できてないから、などの「自分が悪いから神様から離れたい」感覚。
等が挙げられます。
この3つに対して、いずれも鄭明析先生の御言葉で答えが与えられています。
まず、第一の場合ですがこれは端的に言うと「神様の考えと自分の考えは異なる」ということです。
例えば、リンゴが欲しい、とお祈りしたとしましょう。
その時その人にとっては「リンゴがもらえる」ということがあって初めて願いが成就された、と考えます。
しかし、神様にとっては「リンゴジュースをあげること」もその人の願いを叶えたと考えます。それは「成分が同じ」だからです。このように、神様はすべての本質を知って願いを成就しようとされます。
その上で、「現在の状況」と「将来」まですべて計算して最高の方法でこの願いを成就されるのです。よって、祈ってすぐに願いが成就されるとは限らず、あるときは一日後、あるときは一週間、一ヶ月、1年、3年…とあとから願いが成就します。
確実に言えるのは「神様はすべての祈りを漏らすことなく聞かれて、必ず成就なさる」ということです。
よって、こういうときは「自分の認識」を捨てて、「神様は必ず祈りに答えてくださる!」という信仰を持って祈り続けることが大事です。その方が「神様が叶えてくれなかった…」と愚痴るよりは精神衛生上いいでしょう?
また、緊急性が高いときには「状況を神様に残らず告げる」ことが効果的です。神様としても「人間が話してくれてこそ状況を解決できる」ので、その方がいいのです。
残りはまた明日。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事